院長紹介

院長:岡口守雄

院長略歴
1954年
埼玉県出身
1976年
明治大学政治経済学部経済学科卒業
1986年
岩手医科大学歯学部卒業
1993年
東京都千代田区にて開業
所属団体
  • 日本顎咬合学会指導医
  • S.J.C.D.理事
  • S.J.C.D.マイクロコース インストラクター
  • 東京都千代田区にて開業
院長
主な著書
CR充填における前歯部隣接面形態の作り方
DENTAL DIAMOND, No.1, 2005
直接コンポジットレジン修復による臼歯部咬合面の機能と形態の審美的回復
Quintessence, Vol.23, No.11, 2004
歯科臨床のエキスパートを目指して コンベンショナルレストレーション
医歯薬出版, 2004, 共著
MI時代の審美修復 マイクロスコープを用いた審美修復治療
The Quintessence, Vol.21, No.10, 143~153, 2002
Masterpiece MI時代の審美修復
Quintessence of Dental Technology, Vol25, No.10, 2002
最先端審美修復の理論と臨床, デンタルエステティックパートVI
Quitessnce, 2002, 共著
審美的な顔貌を考える, デンタルエステティックV
Quintessnce, 1998, 共著
臨床歯周補綴(3)
S.J.C.D.出版, 1995, 共著

スタッフ紹介

辺見浩一

略歴
1999年
日本大学歯学部付属歯科技工士学校卒業 歯科技工士免許取得
2007年
日本歯科大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
東京医科歯科大学歯学部付属病院第2総合診療室研修医
2008年
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科摂食機能保存学講座歯髄生物学分野入局
2012年
同教室非常勤講師
岡口歯科クリニック勤務
所属団体
  • 日本歯科保存学会会員
  • 日本歯内療法学会会員
辺見浩一

歯を保存する根の治療を得意としています。一本の歯に全力を尽くして、お会いしたすべての患者さんに笑顔のある健康で幸せな生活を手に入れてほしいと願い、日々診療にあたっています。どんな事でもご相談ください。

マイクロスコープアシステッドプレシジョンデンティストリー

 近年、マイクロスコープは歯科界で大きな脚光浴びるようになってきました。
医科においてゴッドハンドといわれる名医の多くが、マイクロスコープなどの最新機材を使用しています。歯科においても、審美修復やMIを見極めようとすればするほど、肉眼の限界を超えた精緻な処置が要求され、マイクロスコープなどの拡大視野下での治療が必須となってきました。

 さらに今までは肉眼では見ることができなかった歯内療法の世界においてもマイクロスコープ下では、根管口はもとより根管内や根尖口も見ることが可能となりました。これにより従来、難治療症例といわれ、抜歯を余儀なくされていた、ケースにおいても、感染の原因さえ除去さえ除去できれば、確実に治せるようになりました。つまり、歯科においてもマイクロスコープは、歯科医師の手をゴッドハンドに変えてくれる可能性を秘めたツールであるということではないでしょうか。